【著作権】キョンシーは描いちゃいけない?気を付けたい描き方

こんにちは。フランケンシュタインに続いて、キョンシーのお話です。

手を突き出して、おでこに札を貼って、ぴょんぴょん飛んでいるアレですね。

フランケンシュタインのお話はこちら↓

【著作権】フランケンシュタインは描いちゃいけない?気を付けたい描き方

基本的にフランケンシュタインと考え方は同じですので、

さくっと説明します。

キョンシーって?

キョンシーは中国の妖怪の一種で、いわゆるゾンビのような、動く死体です。

元々中国では、埋葬前に室内に遺体を安置しておくと、勝手に動き出して、驚かすといった伝承があったそうです。それが僵尸(きょうしといって、キョンシーの起源なんだとか。(参考元サイト→Wikipedia-キョンシー)

アメリカのゾンビといい、中国のキョンシーといい、土葬文化ならではですね!

おでこにお札、手の突き出し、ぴょんぴょん跳ねるイメージはどこから?

伝承がきっかけで、たくさんの文学作品にキョンシーに類するものが登場しました。

でも、私たちが頭の中でイメージしているキョンシーは、1985年に公開された

「霊幻道士」がほとんど元ネタとなっています。

霊幻道士は、キョンシーブームの火付け役とも言われ

霊幻道士シリーズで描かれたキョンシーの特徴が、そのまま色んな作品に登場しています。

また、「キョンシー」という用語も、霊幻道士の中で言われたのがスタート、と言われています。

キョンシーを描くときに、気を付けなくてはいけないことは?

つまり、これもフランケンシュタインのときと同じで、

中国の伝承に登場する僵尸を描く分には、なんの問題もないんですが、

霊幻道士で描かれたビジュアルをそのまま描くのはリスクがある、ということです。

キョンシーの特徴には

  • 死体なので身体が硬直してぴょんぴょん跳ねる
  • 爪が鋭く伸びている
  • 日光を浴びると燃える
  • おでこにお札を貼っている
  • 官僚の服を着ている

などありますが、どれが伝承に残っている記述で、どれが映画オリジナルの設定なのか

キョンシーについて相当詳しくないと判別することは難しいです。(スミマセン私はわかりません)

ユニバーサル社のように、映画会社が、キョンシーのビジュアルについて権利面でうるさい、という話はあまり聞いたことがないですし、今現在もついつい、描いてしまいがちな特徴ですが、もし、こういうビジュアルで描いてもいいですか?と聞かれたら、やはり、リスクがある以上は、完全にOKです、と言うことはできないかなと思います。

おわりに

以上、キョンシーについてのお話でした♪

ゲームやアニメのキャラクターでも、ひと昔前までキョンシーはよく見かけましたが

今の人は元ネタを知らない人もいるんじゃないかな?と思います。

描くときは、なるべく配慮をしていきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA