【赤十字】赤十字マークの使用は違法?意味と修正例を紹介

こんにちは。

今日は、十字つながりで、赤十字マークについて考えてみたいと思います。

赤十字マークとは、赤い十字のマークのことです。

赤十字マークの意味と約束事(参考元サイト:日本赤十字社)

上のサイトに、今回伝えたいことのほぼすべてが掲載してあるのですが、

かいつまむと、赤十字マークを、病院や看護師さんのイラストに安易に書いてませんか?

ということです。

一体、何がいけないんでしょうか?

 

赤十字マークは、医療を象徴するマークではない

そもそも、赤十字マークは、医療を象徴するマークではありません

赤十字マークを付けた人が、医療行為をすることはありますが、そこはイコールではないんですね。

日本赤十字社の公式サイトには以下のように記載があります。

赤十字マークは、戦争や紛争などで傷ついた人びとと、その人たちを救護する

軍の衛生部隊や赤十字の救護員・施設等を保護するためのマークです。

紛争地域等で「赤十字マーク」を掲げている病院や救護員などには、

絶対に攻撃を加えてはならないと国際法や国内法で厳格に定められています。

つまり、赤十字マークは、いざという時にわれわれ国民一人ひとりを守るマークなのです。

(引用元:日本赤十字社公式サイト)

また、このページに、重要なことがまとめて書いてあります。

「知っていますか?このマークの本当の意味」(参考元サイト:日本赤十字社)

ぜひ、一度、目を通しておいたほうがよい情報ばかりなので、ぜひとも

見てもらえたらと思います。

赤十字は、以上のように、とても大切なマークであるということです。

 

使用できる団体は法律で決められている

漫画・アニメでも、治療する人に赤十字マークが普通に描かれていたりしますが

上記のように、重要な意味を持つマークのため、使用していい団体も、厳密に定められています。

もし、本来持っている意味が忘れられて、安易に使われるようになったら

どうなるでしょうか?

赤十字を見ても、「絶対に攻撃してはいけない」という意識は働かず

「怪我人を治療しているから、攻撃しよう!」となる可能性もあります。

 

赤十字の使用は法律違反?

では、漫画やイラストで見かけた赤十字すべてが、法律違反なのかというと

そうではありません。

なぜなら、商標のときにも、似たような例がありましたが、

漫画やイラストなどで赤十字を描くことは、

法律で定義されている、赤十字の「使用」には該当しないためです。

ただ、法律違反ではないからといって、使用してもいいということにはなりません。

赤十字マークが、身近にあふれることでの危険性は、先ほどお伝えしたとおりです。

 

赤十字マーク商品の販売中止例は?

また、漫画やイラストに描いても「使用」にはあたらない、と書きましたが

赤十字マークを描いた商品が販売された場合は、「使用」に該当する可能性があります。

許諾無しに赤十字標章を使用 ダイソーが「着せ替えお洋服かんごしさん」の製造を中止し在庫限りで販売を終了~「今後は標章の確認をした上で商品化」(参考元サイト:ネタとぴ)

このほか、映画「鴨川ホルモー」という作品で登場人物の帽子に赤十字が使用され

公式HP(現在は存在せず)で謝罪文を出したりしており、赤十字に関するニュースは、

少し検索するだけで、たくさんありますので、赤十字の使用は避けることが望ましいと思います。

赤系以外の色替えならOK、ということも聞きますが、誤認識を防ぐ、という意味では、形自体を変えたほうが安全だと思います

 

おわりに

以上、赤十字マークについて考えてみました。

何気なく使ってしまいがちなマークにも、大切な意味があるんですね。

ぜひ、今後とも、気を付けていきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA