【雑記】好きなゲーム語り【天外魔境2卍MARU/天外2】

今回は倫理とは関係ないコラムです。

天外魔境2。

古い作品ですが好きな作品としてぜひ語らせてください。

このゲームはインパクトでいうと当時は本当に衝撃的で、それこそスーパーファミコンで

ドット絵が当たり前だったころに、アニメが動き、声が出、

もうそれだけで、ゲームすごい!の世界でした。

しかも、音楽が久石譲さんで、フィールドの音楽が、ボスを倒すと

オーケストラ版になるのが素晴らしいです。

 

火の一族VS根の一族のストーリー

物語の舞台は架空の国、ジパングで、雰囲気としては室町時代とか江戸時代を

ごっちゃにした感じです。

主人公は火の一族の少年、卍丸(外国だとギリギリアウトなのか、リメイク版だとタイトルがMANJIMARUに変更されてます)。

ジパングの各地に咲き、人々を苦しめる巨大な花、暗黒ランを切って

ジパングを征服しようとする根の一族のボス、ヨミを倒すという王道ストーリーです。

 

ジパングは、昔の地名が出てくるので、自分はこれで「越前」とか「安芸」とか

なんとなくの配置とか読み方を覚えました。あと名産とか、有名な場所とか。

桃鉄もですけど、ゲームをやりながら、知識を増やせるのはいいですね!

 

目を覆いたくなるような容赦ないストーリー

この時代にアニメが動いたり、声が出たりするだけでも十分すごかったんですが

何が印象的かというと、やっぱりストーリーです。

大抵、その地域に暗黒ランが咲いて、根の一族のボスが、その周辺に城を築いていて、

そのボスを倒すと、聖剣が手に入りその聖剣で暗黒ランを切るというのが

ひとつの流れなんですが、

その苦しめられている人々が半端なかったです。

天外魔境2で「赤目村」と言ったら、100人中100人のプレイヤーが「あー…」と

言うに違いないほど、この村の描写はえぐいです。(ぜひググってください)

 

この他、村人が豚にされたり、それを知らずに近隣の村人がそれを食べてたりして

恐ろしかったです。

ちなみにボスを倒したあと、その村に行くと、

村人が、実は自分たちが人を食べてたことを知って川で吐いているという……

対象年齢としては後にPSでリメイクされたときにCEROのA(全年齢対象)とは思えないほど

ダークなストーリー展開でした。

※ちなみに、近隣の村人が、豚だと思って村人を食べてた、の流れは

PSに移植されるときに、人肉食を想起させるからかどうかは不明ですが、

実はモンスターを食べてた、に修正されました。

追記:wikiで見てみたら、その後、PCエンジンアーカイブスとして出した際は、CEROのBになったようです。コンテンツディスクリプタ―は「恋愛」「セクシャル」「暴力」「犯罪」
これは気になりますね…。

 

個性的すぎる敵たち

主人公たちに立ちはだかる、敵たちも個性的です。

忘れられないのが、デューク・ペペという蟻のおじさん。

デューク・ペペは、最初、夫婦で一緒に立ちふさがりますが、

奥さんを倒されると、戦闘から逃走。

その後、復讐のために、主人公を何度も付け狙いますが

卍丸を憎み過ぎて、色々拗らせすぎて、自分以外の者に殺されたくないという思いから

「愛してるよ!卍丸!!」とか言い出すんですね。

もうユーザーは????です。

参考サイト:デューク・ペペ(ピクシブ大辞典)

 

弱体化された移植版

唯一、ちょっと残念だな、と思うのは、PSに移植されたときに

敵が弱体化していたことです。

追跡者たちとか、名無しの十八番とか、本当に何回戦った?というくらい

強かったんですが、(そのおかげで、その場所に行くときの謎の渡来人のセリフ

「アワジシマー?イキタイノデショーウ?」というのがいまだに忘れられません)

PS版では普通に倒せるようになってしまいました。

PCエンジンはファミコンよりは、ゲーマー向けだったので、

ライトユーザー向けの調整だと思いますが、あのギリギリの死闘感が好きでした。

 

おわりに

以上、天外魔境2について、語ってみました。

思い出補正なのは、おそらくそのとおりなんですが、

あの時代に、あのボリューム、スケール感で、全国のゲーマーを夢中にさせた

ゲームであることは間違いないと思います。

最近のゲーム機だとちょっとプレイするのが難しくなっているようなので、

なかなかプレイする機会がないかもしれませんが、ぜひ、手にとって、

ゲーム史に残る大作を体験してほしいなと思います。

ではでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事

TOP