【雑記】好きなゲーム語り【ファイナルファンタジー7/FF7】

今回は、好きなゲームについて、つらつらと語ってみたいと思います。

最近はめっきりゲームをやらなくなってしまったので、必然的にレトロゲーム談義

なってしまうかと思いますが、

最初はやはりこれは外せない、ファイナルファンタジー7!

FF7は生まれて初めて、続きが気になりすぎて、眠れなくなったという体験をした

思い出深いゲーム。

お時間のある方はぜひお付き合いいただけたら嬉しいです。

FF7との出会い

最初にプレイしたのは、たしかTOBAL No.1という格闘ゲームの体験版ディスク。

体験版は、最初のイベントの魔晄炉爆破までプレイすることができ、戦闘の際のキャラクターに最初からエアリスがいました。

エアリスがいるので、最初から召喚魔法が使えます。

今見ると、ポリゴンがカックカクのテッカテカなんですが、当時ファミコンのドット絵ばかり見ていたユーザーにとって、3Dの召喚獣ムービーシーン本当に革命的でした。

またファンタジー色が強かったFFに、カッコいいバイクやら機械やらがたくさん登場するのも

斬新な上、さらにさらに、今までのファンタジーゲームといえば敵がモンスターなのが当たり前だったのに、FF7の敵は、その世界を牛耳る巨大企業「神羅カンパニー」というのも胸躍りました。

さらに神羅カンパニーの若社長が金髪イケメンというのがグッとくる

謎と罠のあるストーリー展開

物語は、当初、神羅カンパニーという悪徳巨大企業を倒すぞ!という話から、次第に

主人公クラウドの因縁の相手、英雄セフィロスを追うというストーリーにシフトしていきます。

今じゃすっかり、ネタストーカー扱いされてるセフィロスですが、CMでも散々流れた

炎の中に消えていくセフィロスは本当にカッコよくて、ホント圧倒的でした。

(回想シーンで、クラウドがHP100くらいのときセフィロスはHP3000くらいあった気がする)

ちなみに、クラウドから語られる、過去のセフィロスとの因縁話というのが、FF7最大のポイントであり罠でもあります

ミステリーでよくある、「信頼できない語り手」というやつですね。

でも、もちろん、そんな罠が仕掛けられているとは思いもしない、純真なユーザーは、

後々明かされる容赦ない真実に、打ちのめされるわけです。

(2週目をプレイすると、ものすごいヒントをくれてるとわかるところがニクい!)

でも、クラウドは、仲間の手を借りて、立ち上がります。

クラウドが仲間の前で気持ちを語るシーンは、ゲームで初めて泣きました。

かつての憧れの英雄セフィロスと、対峙し、世界を救う最後の戦いに臨みます。

仲間を集めないでもラスボス前までいけてしまう作り

と、本当に大好きな作品であるFF7。

ただ、いまだに個人的にこれなんとかならなかったの??って思っているのが、FF7に登場する「ユフィ」(可愛い)と「ヴィンセント」(美形)の仲間参入が、完全にユーザーの任意だったこと。

発売前から楽しみにしていたので、FF7の紹介本?のようなものを持っていて、出てくるキャラクターがわかっていたので、いつ出てくるのかな?とめっちゃ楽しみにしていました。

でも、どう考えても物語が佳境に入っていて、「え?まだこれから、2人分加入するだけのストーリーがあるの??」と思いながら、それでもストーリーを突き進み、結果、どうやら仲間加入は任意らしいと人から聞いて、やっとユフィとヴィンセントが仲間になったのは、ラスボス前の自由行動時間でした。

確かに、2人はFF7の世界観を広げるためには欠かせないキャラクターですが、本編ストーリーに直接関わっているかというとそうではなく、結果、エンディングのムービーシーンにはたとえ2人が仲間になっていても、登場しません。

いや、そこはがんばろうよスクウェア!!!(まだ合併前)

この2人は本当に強制加入にしてほしかった…。物語の終盤にさしかかるあたり、仲間が助けに来てくれた!という感動的なシーンがあるんですが、そのときの面子が

おっさん2人・犬・猫のオモチャ人形と、ちょっと物足りない感じで迎えてしまった私的には

ここに美少女と美形が加わってくれていたらと思わずにはいられません…。

ここで、2人を仲間にし損ねてることを確信しました

おわりに

ちょっと最後、愛あるあまり、ディスる感じになってしまいましたが

FF7が私の人生に与えた影響は計り知れないですし、たぶんずっと好きな作品です。

リメイクも楽しみにしているので、一刻も早く続編が出ればいいなと思います。

また、興味を持った方は、これを機にぜひ、FF7をプレイしてもらえたらと思います。

(自分的にはオリジナル一択なんですが、最近の美麗映像に慣れていると

画像の粗さに戸惑ってしまうかも。あとたぶん普通にクリアまで40時間はかかるので、忙しい大人にはしんどいかも)

ではでは最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA