【文化】中国のゲームで骸骨はNG?修正された例を紹介

今回は中国でのゲーム内表現のお話です。

中国は人口世界一を誇る国で、そのゲーム市場も巨大ですが

中国は、表現規制の厳しい国として知られています。

↓↓他の表現規制についてはこちらの記事を参考に↓↓

【レーティング】中国では女性の胸は4分の1以上露出してはいけない?適齢表示の詳細
【文化】中国ではタイムトラベルものはNG?注意する傾向を考える

その代表的なものが「骸骨」です。

中国向けのゲームに、骸骨は描いてはいけないのでしょうか?

発端となったWorld of Warcraft

倫理観点を考えるとき、拠り所とするのは「前例」です。

そのため、前例がある以上は、

骸骨の表現があれば指摘せざるを得ないというのが、現段階での結論です。

中国で骸骨の表現はNGである、という話が一気に広がった理由は

アメリカのブリザード・エンターテインメントの制作した

「World of Warcraft」(WoW)というMMORPGがきっかけだと言われています。

中国政府が『World of Warcraft』の骨やスケルトンをゲームから抹消(Games Park)

この記事は2007年7月のものですが、これより前に骸骨が修正されたという記事を

見つけることはできず、これ以降、中国=ドクロNGという図式が広がっていったと思われます。

なんで中国では骸骨はNGなの?

そして、なぜ骸骨が修正されたのか、理由ははっきり判明していません。

ただ、わかっていることは、当時すでに人気を博していたWoWが

中国でリリースするために、ゲーム内に数多く登場している骨・スケルトン系を

すべて修正せざるを得なくなってしまったことです。

中国では迷信の類や、超自然的なものは忌避される傾向があるだとか

骸骨は恐怖を与えるものであるから(中国では恐怖を与えるものはNG)など

言われていますが、すべて根拠がなく、憶測でしかないので、

どこまで気にしなくてはいけないのかがわからないのが困りどころです。

例えば、アンパンマンに登場する「ホラーマン」のような

デフォルメされた骸骨キャラもダメなのか、あるいはもっとデフォルメされた

おおよそ恐怖を与えなさそうな、ロゴ化している骸骨はどうなのか

ぜひ情報が欲しいところです。

修正例はこちら→China Client Model Differences(YouTube)

何かご存じの方がいれば、ぜひ、情報提供をお願いします!

おわりに

WoWは中国でのリリース後、着々とユーザー数を伸ばし、

ついには最多登録者数のMMORPGとしてギネスブックに載りました。

そのことを考えると、現地の文化に対応して修正をしたブリザード社の姿勢は

正しかったかと思います。

制作の際は、リリースする国の背景も考えて制作することが、大事ですね。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA