【炎上ニュース例】宗教観点での具体的な注意点!イスラム圏の場合

今回は、実際に、制作物の中に宗教観点で問題がある表現として

抗議を受けた例を挙げてみたいと思います。

 

十字架の記事で、その宗教にとって、大切にされているもの、神聖なものを

ネガティブに扱ってはいけないということを書きました。

十字架の記事はこちら→【宗教】十字架は描いちゃいけない?注意が必要な描き方①

では、それは具体的にはいったい、どういうことなのでしょうか?

例を挙げながら、考えてみたいと思います。

 

イスラム教の経典「コーラン」を侮辱的に扱った例とは?

その宗教をネガティブに扱っている、ととられる例として、

よく挙げられるのは、悪役がその宗教の信者だった、と描くことです。

具体的には、以下のようなニュースが、挙げられます。

 

「ジョジョ」のアニメに“コーラン” 当該DVDアニメと原作の一部が出荷停止に(参考元サイト:アットマーク・ジョジョ)

 

上記のサイトに、経緯が詳しく書いてありますが、

アニメDVD「ジョジョの奇妙な冒険」に登場する、主人公最大の敵「Dio」が、

「コーラン」を読んでいたことで、現地のイスラム教徒から、抗議を受け、DVDが出荷停止になりました。

(これはあくまで、アニメだけの話であり、原作では、Dioの読んでいる本はコーランではありません

もっと言うと、何を読んでいるのか、よくわからないように描かれています。)

 

物語では、あくまでそのシーンに現地の雰囲気を持たせるための演出として、

コーランが描かれています。

これは、制作側にまったくそんな意図がなかったとしても、イスラム教徒からすれば、

コーランを読んでいると悪人になる、という大変に悪意あるメッセージであり、イスラム教全体を侮辱している、ということに繋がります。

 

そもそも文章の転写はしてはいけない

アニメスタッフは、舞台がアラビア語圏であることから、アラビア語を探し

それがコーランであることを認識せずに、転写してしまいました。

しかし、コーランという以前に、これが小説であっても、新聞であっても、

著作権的な観点から言えば、転写はNGです。(著作権が切れている場合は別)

引用したものが、イスラム教徒にとって、自分たちの一部とも言える、大切な存在だったからこそ

事態がすぐに露見しましたが、

「どうせわからないからいいだろう」という安易な気持ちでの文章の転写は

どの言語であっても、避けるべきだと思います。

 

文章の改ざんはもっとダメ

ここで注意したいのは、そのままの転写はダメだからと言って、

内容をよく理解しないまま、単語を入れ替えたり、改ざんしたりすることです。

これは絶対、避けたほうがよいです。

改ざんされたあとの内容によっては、その宗教を信じる人にとって

とても攻撃的で、侮辱的な内容になっている可能性もあり、

ともすれば、その制作物の回収や賠償だけでは済まないこともあります。

 

あまり信心深くない、日本人にとっては、「それくらいいいじゃないか」と

思ってしまうかもしれませんが、

他宗教、他文化のものを扱う場合は、知らず知らずのうちに、他者を酷く傷つけているかもしれない、という自覚を持つ必要があると思います。

 

終わりに

今回は、実例を挙げて、イスラム圏で注意したいことなどについて考えてみました。

宗教に関するこういったニュースは、今なお後を絶ちません。

今回挙げたニュースのようなことをまた起こさないために

常に他宗教、他文化を尊重する心を忘れずにいたいですね。

最後までよんでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA