【文化】中国ではタイムトラベルものはNG?注意する傾向を考える

今回は中国市場向けには、避けたほうがよい表現について

考えてみます。

過去の記事はこちら

【レーティング】中国では女性の胸は4分の1以上露出してはいけない?適齢表示の詳細

【文化】中国のゲームで骸骨はNG?修正された例を紹介

 

中国は、人口世界一を誇る大国ですので、

その市場に対してアプローチすることは、どのエンタメにとっても重要なことだと思います。

しかし、その一方、中国では表現規制が厳しいことでも有名ですね。

今回は、そのうちの1つ、「タイムトラベル」に関する記事を

紹介します。

 

タイムトラベルは歴史の軽視にあたる

ずいぶん前の記事になりますが、

以下の記事に、とてもわかりやすく、内容がまとまっています。

中国でタイムトラベルの映画やテレビドラマが禁止に 理由は「歴史軽視」(シネマトゥデイ)

元々中国は、その歴史も長く、重んじる傾向にありましたが、

「歴史を軽視している」という理由から、タイムトラベルの作品が規制されるようになった、という記事です。

 

歴史の改変は、現政権に対する批判

歴史を重んじていない、つまり、その歴史が紡いだ結果である現状への不満から

歴史を改変してしまおうと考えることは、現政権に対する批判に繋がる

という考え方だと言われています。

ソースがはっきりしないので、曖昧なのですが、元々中国は、特殊能力など、超自然的なものに対する規制もあると考えられています。

つまり、人の力や体制によって制御のきかないもの、その超自然的な力で、現状を打破するようなストーリー展開のものは、やはり規制対象に繋がるのではないかと思います。

それは最終的に、中国政府に対して否定的であるかどうかが、問われているのかな、と思いました。

そう考えると、中国側の姿勢は一貫していて、筋が通っていますね

 

タイムトラベルをしていなくても注意が必要

つまり、主人公が時空を超えるというストーリーであっても

歴史を改変しよう、といった内容でなければ、規制対象にはならないのかもしれません。

ですが、それは逆に、タイムトラベルをしていなくても、

それが最終的に、歴史を侮辱したり、否定をしたりする内容であれば

注意が必要だということにも繋がるのではないかと予想します。

 

例えば日本でも人気の中国の歴史上の偉人、三国志の関羽が、

現代に生まれ変わったという設定で

だらしない人物に描かれていたり、暴虐の限りを尽くす人物に描かれていたりしたら

どうでしょうか?

関羽はそういう人物ではなかった、というメッセージであるとして

それが歴史への批判ととられる可能性もあるかもしれません。

であれば、そういった表現は、中国市場を視野に入れるのであれば、避けたほうが無難だと思います。

 

おわりに

以上、中国でのタイムトラベルの表現について考えてみました。

思い描いたストーリーが、その国の方針によって表現できないことは

残念なことではありますが、それだけエンタメが人に与える影響力が大きい、

ということの証左でもあると思います。

国によって、配慮を重ねながら、表現を考え続けていきたいですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA