【レーティング】覚えておくと役に立つ?外国のゲームレーティング3選

Googleアプリのレーティングのところで、IARCレーティングのことを説明するときに

ちょろっと書いたんですがこの流れで、主な外国のゲームレーティングについて

説明したいと思います。

 

知っておきたい外国のレーティング3つ

外国のゲームレーティングで、有名なのは以下の3つ。

  • ESRB(アメリカ&カナダで発売されるゲームのレーティング審査機関)
  • PEGI(ヨーロッパの約30国を対象としたゲームのレーティング審査機関※ドイツ除く
  • USK(ドイツを対象としたゲームのレーティング審査機関)

それぞれざっくりと説明します。

 

ESRBってなに?

Entertainment Software Rating Board(エンターテインメントソフトウェア委員会)の頭文字を繋げたものです。アメリカ・カナダのゲームレーティングです。

設立は、CEROよりも8年も早い、1994年のことです。

さすが早いですね!

CEROはESRBのレーティングを参考に、CEROレーティングを作ったとされています。

でも、細かい点、とくに暴力表現でCEROと基準が異なっています。

そのため、国内版・海外版の表現に差が出ることになります。

つまり、修正された箇所=CERO(国内)禁止表現ということですね。

 

海外版と日本版ではどうして表現や内容が違うのか。今、あえてCEROに聞く「レーティング制度の現状について」(引用元:4Gamers.net)

『アサシンクリードヴァルハラ』の日本語版と海外版の違いについて(引用元:UBIソフト公式)

 

PEGIってなに?

Pan European Game Information(汎欧州ゲーム情報)の頭文字をとったものです。ヨーロッパの国々のゲームレーティングです。(※ただしドイツは後述のUSKを採用)

特徴として、未成年に対する扱いが厳しいというところがあります。

例えば同じ性表現・暴力表現であっても、対象が未成年であれば、一気にレーティングが上がります。そこはCEROと大きく異なりますね。

この考え方は、海外向けのゲームを作る際に覚えておいたほうがよいと思います

 

日本で全年齢対象として発売されたゲームが、PEGIでは16+のゲームとなっている例もあります。

検索すると、レーティングは調べることができるので、違いを考えてみても楽しいですね。

 

USKってなに?

最後に、ドイツのレーティング審査機関、Unterhaltungssoftware Selbstkontrolle(ソフトウェア事前審査機構)、USKです。

CERO、ESRB、PEGIと大きく異なるのは、そのレーティングに法的拘束力があることです。

つまり、その年齢区分未満のユーザーが買うことを法律で制限しています。

販売側にはなんと罰金もあります。

(参考元サイト→PEGI公式サイト)※英語サイトですが、Googleクロームの英語翻訳でかなり内容がわかります。

 

PEGIと同じく、未成年の扱いに厳しいです。

また、詳細は不明ですが、CEROでセクシャルでD区分をとったゲームが、ドイツでは審査拒否され、発売禁止になったこともあります。

『ぎゃる☆がん2』ドイツにてレーティング審査拒否、発売不可に。過激さが増した「女の子を昇天させる」表現が問題視か(引用元:AUTOMATON)

 

おわりに

以上、外国のレーティングについて3つ例を挙げてみました。

上記の国以外にも、レーティングを採用している国はたくさんありますので

ぜひ色々見てみてほしいなと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA