【レーティング】Appleのレーティングってどうやって決まるの?

次はAppleのレーティングについて説明します。

参考元サイト→APPの年齢制限指定(App Store Connectヘルプ)

Appleレーティングはどういう区分に分けられてるの?

Appleのレーティングは

  • 4+
  • 9+
  • 12+
  • 17+

に分けられています。

よく、「Appleの審査は厳しい!」と言われますが、それはある意味では間違っています。

なぜなら、Appleのレーティングは

自己申告制

だからです。ここが大きく、CEROレーティングと異なりますね。

アプリがあまりにも多すぎて、全部事前にチェックするのが無理なのかも。。

なので、よく

「この表現は12+のレーティングに収まりますか??」

という質問があるんですが、それは自分が

自己申告する際に、12+を超えないように申告

すれば、12+を超えることはありません。簡単ですね♪

ウソの自己申告をしたらどうなるの?

とはいえ、12+のレーティングに収めたいからといって、ウソの自己申告をしてはダメです。

明らかに17+の内容になっている、もしくはリジェクト対象である(審査で落とされる内容)のに、

12+として自己申告している場合は、

  • Appleからある日スッと注意勧告が来る
  • Appleからある日スッとレーティングを修正される
  • Appleからある日スッとリジェクトされる

ってことになります。

そしてAppleは、

性表現系がとくに厳しいです。

「Appleが厳しい!」と言われるのは、この部分がより強調されているんですね。

どういうふうにレーティングを申告するの?

では実際、どのように申告するんでしょうか?

アプリをAppleに申請する際に、ゲームの内容に関するアンケートに記入するところがあります。

質問項目には以下のものがあり、これらの内容に対して

「なし」「まれにある」「ひんぱんにある」の3つから選びます。

  • アニメまたはファンタジーバイオレンス
  • リアルな暴力的表現
  • 長時間の過激なまたは加虐的でリアルな暴力
  • 冒とく的または下品なユーモア
  • 成人向けまたは成人向けを暗示するテーマ
  • ホラー/恐怖に関するテーマ
  • 医療/治療情報
  • アルコール、タバコ、ドラッグの使用または言及
  • 疑似ギャンブル
  • 性的内容およびヌード
  • 過激な性的表現およびヌード

以下は、「はい」「いいえ」の2択です。

  • 無制限のWebアクセス
  • ギャンブルおよびコンテスト

これらにすべて回答すると、自動的にレーティングが決まります。

以上、Appleレーティングに関するお話でした♪

何か参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA