【レーティング】CEROのレーティングってどうやって決まるの?

次は家庭用ゲーム機器のレーティング審査機関、CEROが

どうやってレーティングを決めているのか説明します。

  • 審査は誰がするの?
  • CEROの審査基準の内容にはどういうものがあるの?
  • CEROの審査はどうやって行われるの?

審査は誰がするの?

参考元サイト→海外版と日本版はどうして表現や内容が違うのか。今、あえてCEROに聞く「レーティング制度」の現状について(引用元:4Gamers.net)

ゲームの審査をしているのは、CEROの中の人、ではありません。

CEROのHPで募集された一般の人によって審査されています。(※現在は募集なし)

応募資格は

  • 20歳以上
  • ゲーム関連企業の関係者以外

と、門戸は広いようです。また、なるべく年齢が偏らないように各世代から集められ、職種もバラバラにしているそうです。

公平な観点からゲームを審査するために、重要ですね!

CEROの審査基準の内容にはどういうものがあるの?

参考元サイト→レーティングの対象となる表現項目(引用元:CERO公式サイト)

審査基準は「性表現」「暴力表現」「反社会行為表現」「言語思想関連表現」に分かれています。ここからさらに細分化された約30の項目につき、6段階(A・B・C・D・Z・禁止)の基準が設定されています。

CEROの審査はどうやって行われるの?

審査は1タイトルにつき、3名で行われます。

審査方法は、実際そのゲームをプレイするのではなく、各メーカーから提出されたゲーム映像を、30の項目×6段階の約180に区分されたCEROの倫理基準と照らし合わせて判断します。

出血シーンがあれば「出血」の項目を確認し、出血の程度によりA~C、Z、禁止が判断されます。

でも、人によっては、「B区分の出血」と判断したり「C区分の出血」と判断したりと、結果がそろわないこともあります。

その場合は、多数決、または再審査が行われることで、レーティングを確定していきます。

CEROの倫理基準を覚えるのが大変そう。。。

おわりに

以上、CEROレーティングが決まるまでの説明でした。

普段何気なく見ているゲームパッケージのレーティングの背景には、こういった背景があるんですね。

レーティングとコンテンツディスクリプタ―を見て、どういう場面があるのか、想像するのも楽しいかもしれませんね。

以上、参考になれば幸いです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA