【宗教】六芒星は不思議なイメージ?使用NGの理由も解説

こんにちは。

十字架と並んで、つい描いてしまいがちなデザインである

六芒星について、考えてみたいと思います。

↓↓こちらの記事も参考に↓↓
【宗教】六芒星でOKな使い方とは?具体例を紹介

つい、ファンタジーの世界観で、魔法的な表現をする際に使ってしまう六芒星ですが

集英社でも、六芒星を描いた漫画がネット上で非公開になるなどしているため、

六芒星の使用は、なるべく避けたほうが無難だと思っています。

「ジャンプルーキー!」で“六芒星”を描くと非公開にされる?漫画投稿者から報告が上がり、話題に(参考元サイト:ねとらぼ)

では、なぜ六芒星はNGなのでしょうか?

調べてみたいと思います。

→別の記事ではOK例も挙げています。

【宗教】六芒星でOKな使い方とは?具体例を紹介

 

ユダヤ人やユダヤ教を象徴する「ダビデの星」

六芒星は、単なる形の名前なので、「六芒星」という言葉がNGということではありません。

ユダヤ人やユダヤ教を象徴する「ダビデの星」と呼ばれるシンボルの形が

六芒星の形をしていることから、六芒星を安易に使ってはいけない、と考えられています。

十字架がキリスト教のシンボルであることから、

扱いに注意しなくてはいけないのと同じですね。

ダビデの星は、イスラエルの国旗にも使用されており、

ユダヤ人にとって大切なシンボルであることがわかります。

 

ナチスドイツ時にユダヤ人を示すマークとして使用

また、六芒星は、第二次世界大戦中のナチスドイツでの強制収容所で

ユダヤ人を示すマークとして囚人服にも使用されました。

そのため、洋服のデザインで六芒星を想起させるものを使用することは

不謹慎であるとして、クレームが発生することがあります。

 

ホロコースト連想させるTシャツに批難殺到、廃棄へ(参考元サイト:CNN)

 

作成した側が、別の意図を持って作っていたとしても、このように、結果的に

廃棄することになる場合もあるので、やはり使用しないほうがよいと思います。

 

なぜ六芒星は使われがち?

ではなぜ、六芒星は、ミステリアスな象徴として、よく使われるのでしょうか?

ソースを見つけることはできなかったのですが、

もともと六芒星自体が、古来より魔除けのシンボルとして使われていたという記述や

錬金術の世界では、六芒星は賢者の石の象徴として使われていたという記述などが

たくさん見受けられました。

以上のことから、昔のゲームや漫画では、六芒星が使われることは、

珍しいことではなかったのですが、グローバル化や、インターネットの普及により

六芒星が使用されると、すぐその情報が、共有されるようになり、

その使用を望ましく思わない人々により、近年撤回を求められるようになったのではと

思います。

 

終わりに

以上になります。

最近では、六芒星の代わりに、別の形が使用されるようになってきましたが

それでも、まだ六芒星をまだ見かけることもあります。

こちらも、十字架と同じように、使い方には十分注意していきたいですね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA